まずはジョージのスネア

TOP >  BLOG > George Muraoka >  まずはジョージのスネア

どうどうも、ドラムのジョージでございます。

私の1発目のブログは、長年の相棒、ラディックのスネアをご紹介します。
もう20年ぐらい経つでしょうか。
2年ぐらい前まではペダルが1番古かったのですが新調したので、使っている中では1番の古株です。
アクロライト_LM405
14×6.5インチ
アルミシェル(ブラックラメ塗装)
結構明るめの抜けのいい音がします。
購入する時にいくつか試奏しましたが、これを叩いた時に「あ、この音だ」と思いました。
見た目も好きですね。
当時やってたバンドはポップロックだったかなー?
その後もパンクだったりオルタナだったりやってきましたが、案外何にでも合うので、ずっと使っています。
買った時は、あまり周りに胴の深いスネアを使っている人はいなく、「何で6.5インチ使ってるの?」って聞かれたときもありましたが、試奏した時にピンときたからで、特に6.5インチにこだわりがあるわけではありませんw
セッティングがしづらかったりするので、浅いのにしたいなーって思う時もあります(苦笑)
20年使っていると愛着がありますね。
そんなこんなで、私のスネアをご紹介しました。
まだしばらく使うかなー。
2021/08/29

Share