ジョージドラマー誕生秘話 その①

TOP >  BLOG > George Muraoka >  ジョージドラマー誕生秘話 その①

私が何となくドラムを叩き始めたのが中学2年生の時

(小・中・高と野球をやっていたので、ちゃんとやり始めたのは高3の夏から)、その頃によく聴いていたのがX JAPANとかLUNA SEAとか、もろヴィジュアル系世代。取り分け好きだったのがX JAPAN。BLUE BLOODとかSilent Jealousyとか2ビートの曲が好きで、その頃はバラードのリリースが多くてモヤモヤしていたけど、DAHLIAがリリースされた時はほんとテンション上がったなー
(Mステだったか、テレビ初披露でDAHLIAを聴いた時にテンションMAXになったのは今でも覚えている(笑))
ご察しの通り、YOSHIKIが好きだったわけですね。(YOSHIKIのスネアの角度を真似してみたり、YOSHIKIモデルのスティック使ったりしました。)
これがドラムを始めたきっかけの一部になっているのは間違いないです。
ただドラムって始めるのになかなか勇気入りますよね。スタジオ行ったりしなければいけないし。
私がドラムを始めた最大の理由は他にあります。
その理由は「ジョージドラマー誕生秘話 その②」へ続きます。
乞うご期待!(笑)
2021/09/09

Share