音楽嫌いが初めて買ったCD

TOP >  BLOG > Kayo Muraoka >  音楽嫌いが初めて買ったCD

私は変わった家庭に育ち、テレビやPCを厳しく制限されていたため、学校のみんなの話についていけない世間知らずな子どもでした。

音楽の話題になると適当にうなづくだけしかできなくて、あー今日もつまんないなあって、いつも思ってました。
流行りのアイドルは、私の友達を別の世界に攫っていくような悪者に思えていました。なーにがじゃんけんぴょんじゃ。

そんな中学時代のトラウマエピソードなのですが、担任の先生が雑談してるとき「GLAY知らない人〜」っていうので手を挙げたら、私とあと1人しかいなくて…
もーめっちゃ笑われるし、何日もイジられるし、なんで正直に手を挙げちゃったんだろうって恥ずかしいやらみじめやら。
もともとあんまり好きじゃなかった音楽の話題が、本気で怖くなってしまいました。

そして世の中のこと全然知らないまま高校生になってしまったのですが、ある時友人宅のPCでYouTubeを教えてもらった時に世界が少し変わりました。

見てたのはフルハウス(絶対ダメです!著作権侵害)
幼い頃にも従兄弟の家で見たことがあって、うわー懐かしいなー、なんて思いながらポチポチ検索してたら偶然見つけた動画がこちら。

OP曲、Every Where You Lookのカバー。
Relient Kっていう聞いたことないバンドのライブ映像。

ロックバンドのライブなんて初めて見たので、びっくりが勝ってしまって、もうなんかよくわかんなかったけど、、なんだか楽しそう。
「カバー」っていうのも知らなかったので、私が知ってるあの曲と全然違うぞ?そんな自由でいいの?って衝撃でした。

家に帰ってからもRelient Kの名前が頭から離れず、意を決して初めてCDを買ってしまいました。

これがその買ったCDです。ジャケットのはじっこがちょっとボロボロになっちゃってます。
お守りとしてこっそりバッグにいれて登校してたアホな時期もあったので、ケースも傷だらけです。笑

ご興味ある方、配信はこちらからどうぞ。
Relient K – MMHMM

力強いギターと繊細なピアノ。キャッチーできれいなメロディ。
音楽なんも知らない私でも、とっても聴きやすい。

しかしロックってイケてる子たち専用みたいに思い込んでたので、すっごくドキドキでした。

私なんかがロックバンドの、しかも洋楽のCDって背伸びしすぎじゃないかな…とか。
中学の時の同級生に買ってるところ見られてたらどうしよう。絶対調子乗ってるって思われる…とか。
ひとりで音楽聴いてるだけなのに、変な心配ばっかり。笑

だけどなぜか毎晩こそこそ聴く音楽がやめられなくなったんです。
バイトしてちょっとずつ他のアーティストのCDも買ってみて、机の引き出しに秘密の宝物が増えていくのが楽しみになりました。

先日のブログに書いたOwl CityもRelient Kの前座をやって知ったのですが、出会えてよかったと思います。

こないだ書いたOwl Cityの記事はこちら

もし私が中学のGLAY事件の時、堂々と「知らないから聴かせて!」って言えるような子だったら、もっと早くたくさんの音楽を知れたのかもしれません。

でも、周りの影響をあまり受けずに自分だけの世界が持てたことは本当によかったです。

聴いていたらカッコいい、ダサい。新しい、古い。センスいい、悪い。
そういうのとは一切無縁のマイワールドは、大人になってからも他人の視線に疲れたとき一息つける居場所になってます。

今でも最初に買ったRelient Kのアルバムは特別な宝物です。
その中から一曲、MVを貼っておくのでよかったらみてください。

2021/09/04

Share